HMB ダイエット効果

HMBにはダイエット効果はあるのか?
そういう疑問を持っている方が最近は多いのかな?と感じます。

たしかにHMBの案内を見るといかにもシェイプアップ効果がありました!と、言わんばかりの広告が多く見られます。

結論を言うと、HMB自体にはダイエット効果はないと思った方が良いでしょう。
なので、よくあるダイエット食品のように「飲んで〇キロ痩せました」なんてことははっきり言って期待できません。

ただ、ダイエットをする際のサポート成分としてHMBを使用している方が多いのです。
なので、HMBはダイエットダイエット食品ではなく、ダイエットの効果を高めるための成分と思ってもらえれば良いと思います。

目次
・HMB ダイエット 方法
 ・HMB ダイエット方法 筋トレ

  ・HMB ダイエット方法 下半身の筋トレ
  ・​​HMB ダイエット方法 お腹の筋トレ
​  ・​筋トレでムキムキになりたくない!
・HMB ダイエット 飲むタイミング

 

 

 

HMB ダイエット 方法

では、HMBをサポート成分として使用した場合のダイエット方法とはどのようなものか?
それは筋トレを中心とした運動を行うことです。

HMBはこの筋トレの効果を高めるために飲まれています。

 

筋トレによるダイエット効果はどのようなものか?
最近はモデルさんの中にも筋肉を付けることで抜群のスタイルを保つ方も多いので気になる方もいるかもしれませんね。


筋トレをして筋肉が増えると体の代謝量が増えます。
そして、代謝量が増えると消費カロリーも増えることになります。

人間が太るか痩せるかは食事などの摂取カロリーと運動などの消費カロリーによって決まってきます。

人間は加齢によって消費カロリーが年々低下していくのですが、この消費カロリーの低下の原因が年齢による筋肉の衰えだと言われているのです。

なので、中年太りの原因の一つは筋肉の衰えだとも言われているのです。

筋トレをすれば筋肉を増やすことも可能なのですが、普段から筋トレなどをしていない方は、30代から年間約0.5%筋肉が落ちていくと言われているそうです。

30代からは0.5%と言われていますが、50代になると拍車がかかり、年間1~2%低下するようになるそうです。
しかし、中年太りの原因が筋肉の衰えならば、筋肉を付ければ中年太りを解消することも出来るはずです。


しかし、筋トレの続ける際の課題として

・効果が出ているか分かりにくい

・続かない

こういった問題点も出てくると思われます。
周囲に筋トレをずっと続けている人って中々いないものですよね。

こういった問題点の解消に役立つのがHMBなのです。

HMBを摂取すると体内で「筋肉を作れ!」という指令を出してくれるため、HMBには筋肉をつくるタンパク質合成の増大と筋肉分解防止の両方に効果があることが明らかにされています。

1日3グラムほど摂取すると特に効果が良く、男女ともに効果があることが明らかにされているようです。


こちらがHMBを摂取せずに筋トレした場合とHMBを摂取しながら筋トレした場合の除脂肪体重の差です。


ヘルシーナビより引用:
http://www.healthynavi.co.jp/healthFood/hmb.html
 

徐脂肪体重の増加の原因の多くは筋肉だと言われていますので、HMBを摂った場合と足らなかった場合でこれくらい筋肉の付きやすさに差があると考えていいでしょう。

このようにHMBは筋トレの効果を高めることが期待されるため、短時間で筋トレの効果を実感することも夢ではなくなるのです。

なので、HMB摂取によって先ほどの筋トレを続ける際の課題である

・効果が出ているか分かりにくい

・続かない

という課題をクリアすることも大いに期待できます。


では、その際にHMBはどのように摂取するのが良いのか?

一番手軽に摂取出来るのはサプリメントです。

HMBは食事やプロテインにはほとんど含まれていないため、先ほど効果が高いとお話した1日3グラムを摂取しようとするとカロリー過多になるのでダイエットという目的から遠ざかってしまいます。

一方のサプリメントだと1日に数粒飲むだけで1日3グラム摂取することが出来、しかも1粒約1キロカロリーのものが多いので安心です。

こちらのページにおすすめのHMBサプリがあります。

定期コースの場合に実質無料で利用する方法も掲載されていますので、興味のある方は見てもらえればと思います。

こちら → HMBサプリ

 

 

HMB ダイエット方法 筋トレ

ここまでで筋トレで筋肉を付けることがダイエットに良いということは分かっていただけたかと思います。

では、次はどのような筋トレをしていくかです。

目的にもよるのですが、代謝を上げるために筋肉量を増やしたいという方は下半身の筋トレを、お腹をへこませたいという方はお腹のインナーマッスルをきたえることがおすすめになります。

 

HMB ダイエット方法 下半身の筋トレ

なぜ下半身の筋トレかと言いますと、下半身が最も多くの筋肉が集まる箇所だからです。
人間は2本足で立ち、進んでいく生物ですので、下半身は重要になります。

全身の筋肉の60%が下半身にあると言われていますので、下半身を鍛えるということはそれだけ多くの筋肉に刺激を与えることにつながります。

そして、残念なことに筋肉が多いゆえに衰えやすいと言われているのです。

しかも最近はエスカレーターやエレベーターと言った日常生活で下半身の運動機会を奪うものもたくさんありますから、まずはしっかり下半身トレーニングをしていくことが良いでしょう。


下半身の筋トレでは太ももの表と裏、ふくらはぎ、お尻の筋肉を鍛えるようにしましょう。

ジムに通っている方は、トレーニング機器の説明でどこが鍛えられるかが説明が書いてあるはずですので、この4か所のどれかが鍛えられる機器を選びましょう。

自宅でトレーニングされている方におすすめなのはスクワットになります。

こちらの動画を参考にすると良いでしょう。

 


ちなみにジムで鍛えている方がスクワットをするときはバーベルスクワットが特におすすめです。

バーベルスクワットだと下半身はもちろんのこと、上半身もバーベルを担いでいる体を支えることで鍛えられます。

腹筋にも負荷がかかるのが分かるはずですので、ジムに通ってる方はバーベルスクワットがおすすめです。

 

 

​​HMB ダイエット方法 お腹の筋トレ

お腹の筋トレと言えばやっぱり腹筋!!

と思うかもしれませんが、腹筋で付く筋肉は外側のいわゆるアウターマッスルです。
いわゆる割れた腹筋などがこのアウターマッスルに該当するわけです。

ぽっこりお腹の一番の原因はインナーマッスルと言われています。
インナーマッスルが弱いと内臓や内臓脂肪が支えられずにお腹が出てしまうと言われています。

そのため、ぽっこりお腹の解消のためにはインナーマッスルの内腹斜筋、腹横筋を鍛えるのがおすすめになります。

最近ではドローインなどがインナーマッスルの強化に評判が良いようです。

 


なので、
・割れる腹筋を手に入れたい・・・腹筋などでアウターマッスルを鍛える
・ぽっこりお腹の解消・・・ドローインなどでインナーマッスルを鍛える


一つのトレーニングで両方鍛えたいというわがままな方も最近は増えているようです。
そんな方法はない!と、言いたいところでしたが最近はこのようなものが登場しています。

バタフライアブスです。


バタフライアブスはアウターマッスルだけでなく、インナーマッスルも鍛えることが出来るため、話題になっています。
また、太ももにも貼れますので、下半身の筋トレにも使えます。

本当に聞くの?なんか怪しいな。

という疑惑と戦うことになるのがこの手の商品の常ですが、バタフライアブスは30日以内の全額返金保証がついていますので、もし効果が感じられなかったら返品OKです。

なので、効果が実感できないというときは遠慮なく返してしまうと良いでしょう。

詳しくはこちら ↓

 

​筋トレでムキムキになりたくない!

女性の中にはそういった方も多いと思います。
実際女性は男性と比べても筋肉は付きにくいのでそういった心配はありませんが、不安な方はトレーニングメニューに有酸素運動を取り入れることをおすすめします。

有酸素運動は身体を引き締めてくれますので、筋トレと一緒に有酸素運動をすると良いでしょう。
おすすめのタイミングは筋トレ後です。

筋トレをすると成長ホルモンが分泌され、その成長ホルモンは脂肪の燃焼を促してくれるからです。
なので、筋トレ → 有酸素運動の方が効率が良いのです。

走るのが嫌いな方もいるかもしれませんが、スピードは出す必要はありません。
むしろスピードを出してはいけません。

スピードを出し過ぎてしまうと、短距離ダッシュのような無酸素運動になってしまうのです。
そうすると脂肪は燃焼してくれませんので、人と話せるくらいの余裕があるスピードにしましょう。

 

 

HMB ダイエット 飲むタイミング

飲むタイミングに関しては色々言われていますが、推奨されている飲むタイミングはトレーニング前です。
トレーニングの1時間~30分ほど前に飲むことで体内のHMB濃度が高い状態でダイエットのためのトレーニングが開始できます。

プロテインなどだと、トレーニング前に飲んでしまうとトレーニング中に気持ち悪くなってしまう可能性もありますが、HMBサプリメントだとそういった心配はありませんので、トレーニング前に飲むことが出来ます。


そして、トレーニング後にはタンパク質をしっかり補給するようにしましょう。
推奨されている使用量を守ればHMBサプリでも問題ないはずです

© 2017 HMBアルティメイト rss