HMBは毎日飲む必要がある?


HMBの役割は筋肉を付きやすくすることと、筋肉が落ちるのを防止することにあります。

そういったことを考えると毎日飲んだ方が高い効果を見込めます。

ちなみにHMBは毎日飲む必要はあると考えられますが、毎日筋トレする必要はあるのか?と聞かれたら毎日筋トレをする必要はありません。

筋トレ後には超回復という筋肉を強くしながら回復する現象が起き、この超回復によって筋肉が発達するのですが、毎日のようにトレーニングしてしまうと超回復が起こりにくくなってしまうため、休養もトレーニングメニューの一つと言われています。

なので、HMBは毎日飲んだ方が良いでしょうが、筋トレは毎日する必要はありません。

 

 

HMBを毎日飲む場合の摂取量は?

HMBを毎日飲むということに関しては先ほどの理由の通りです。

では毎日の摂取量はどうすれば良いか?

厚生労働省が推奨している1日のHMBの摂取量は1グラム~3グラムと言われています。


3グラム以上摂取するとそれ以上は効果に大きな差はないようです。

つまり1日3グラム摂っても4グラム摂っても大きな差はなかったという研究結果が出ているそうです。

ただ、3グラム未満の場合は、多ければ多いほど効果があるようです。


現在日本国内で販売されているHMBサプリは30日分含まれているものが多く、1日分のHMBサプリに含まれている量は1.5グラム~2グラム程度です。

つまり3グラム未満ということになります。

3グラム未満ならばHMBの量が多い方が高い効果が見込めるわけですので、HMBの含有量が多いサプリを順番に紹介していこうと思います。

なお、全て定期購入を選択すれば全額返金保証が付いていますので安心です。

ディープチェンジHMB

公式サイトを確認する

ディープチェンジHMBは1日分のHMBの含有量は2グラムとなっています。
実感チャレンジコースを選べば返金保証が付いています。

豊富な含有量のHMBでトレーニングによる筋肉増強効果が高くなり、
​クレアチンも含まれているのでトレーニング効率の向上も期待できます。
また、筋肉のエネルギー源であるBCAAや回復系アミノ酸と言われるグルタミンも配合されています。

全額返金保証の適用期間は5回目が届いてから6回目発送予定日の10日前までになります。
返金手続き時には
①お買い上げ明細書5回分
②DCHの入っていた白いパウチ袋5回分
③初回同梱されていたチューブトレーニングブック1冊
④初回同梱されていたチューブ1点
⑤3回目に同梱されていたDCCの黒いパウチ袋1点
⑥ガイドブック
上記6種類14点が必要になります。
面倒に見られがちですが、送られてきたものを捨てずに残していれば特に問題ありません。

公式サイトを確認する

バルクアップHMBプロ

公式サイトを確認する

バルクアップHMBプロもHMBの1日分の含有量が2グラムとなっています。
3ヶ月特別本気プランには90日間の全額返金保証が付いています。

1日5粒で2グラムのHMBを摂取することが出来ます。
HMBの他にクレアチン、BCAA、グルタミンも配合されています。

筋トレ方法が分からない方のためのサポートを無料で行っており、メールの問い合わせで専門知識の高いスタッフが鍛えたい部位に応じて筋トレスケジュールを立ててくれます。
サポート付きで1月5,950円はお買い得と言えるのではないでしょうか?

返金処理は3回目が送られてから、4回目が送られてくる日の20日前までに連絡することで手続きすることが出来ます。
返金時には購入時のパッケージ、明細書、本人確認書類(免許証か住民票)のコピーが必要になります。

公式サイトを確認する

メタルマッスルHMB

公式サイトを確認する

メタルマッスルHMBには1日分で1.6グラムのHMBが含まれています。
メタルボディコースで30日間の返金保証が付いています。

グルタミン、BCAA、クレアチンなどを含む10種類のサポート成分を配合しています。

初回の注文日より30日以内に電話することで返金保証を受けることが出来ます。
返金時には商品パッケージ・返金保証申請シートが必要になります。

公式サイトを確認する

HMBアルティメイト

公式サイトを確認する

HMBアルティメイトは1日で1.5グラムのHMBが含まれています。
ハードマッスルコースで120日間の返金保証が付いています。

HMBの他にBCAAやグルタミンも含まれています。

返金保証手続きは4回目が送られて来てから5回目が送られてくる7日前までに電話連絡で受けることが出来ます。
送られてきた商品パッケージとお買い上げ明細書が必要になりますので、4回分全てを保管しておきましょう。

公式サイトを確認する

 

いかがでしょうか?
サプリメントごとにHMBの含有量やサポート成分の量などそれぞれに特色があるのが分かると思います。

おすすめはどれか?
と言うと、HMBの量から考えればディープチェンジHMBかバルクアップHMBプロではないかと思います。

長く試したい、という方はディープチェンジHMBで、筋トレのサポートを受けながらトレーニングしたいという方はバルクアップHMBプロがいいのではないかと思います。

 

© 2017 HMBアルティメイト rss