HMB 飲み方 タイミング

HMBの飲み方の疑問点の一つにHMBを飲むタイミングというのがあると思います。

例えばプロテインの場合は筋トレ後30分くらいの時間がゴールデンタイムと言われて、その時間帯に飲むことが好ましいとされています。
HMBにもゴールデンタイムと呼ばれるタイミングがあるのなら、そのタイミングで飲むことが理想的な飲み方と言えるでしょう。

HMBサプリの説明には飲むタイミングは筋トレ前1時間前から30分前までの間、それか筋トレ中ということが書かれています。
このタイミングは決して間違ってはいないと思われます。

なぜかというと、筋トレ直後というのは筋肉がダメージを受けているので、たんぱく質を合成して筋肉を修復する動きが活発になります。

HMBの血中半減期は2~3時間と言われていますので、筋トレ前に飲んでおくことで、トレーニング後に筋肉を修復している時間帯にHMBの血液中の濃度が高くなりますので、より筋肉修復の動きが活発になることが期待できます。

また、多くのHMBサプリにはBCAAが含まれています。

BCAAは筋トレ中の筋肉のエネルギー源になりますので、筋トレ前に飲んでおくことでHMBサプリM内に含まれているBCAAを筋トレ時の筋肉のエネルギーとして活用することが出来ます。

トレーニング中に血液中のBCAAが不足すると筋肉を分解して筋肉中のBCAAを活用しようとするので、筋トレをして筋肉を太くするどころか細くなってしまうと言われています。

そのため、BCAA補給の側面から考えてもHMBサプリの飲むタイミングは筋トレ前や筋トレ中が理想と言えるでしょう。

 

 

HMB 飲み方 筋トレしない日

先ほどのHMBの飲み方は筋トレする日の飲み方です。

では筋トレしない日には飲む必要はないのか?
というとそういうわけではありません。

HMBには筋肉の分解を防止する役割がありますので、出来ることなら常に血液中にHMBが存在している状態が好ましいと言われているからです。

筋トレで付けた筋肉というのは分解されやすいと言われています。
分解されやすいと言われている理由は「不要なもの」だからです。

筋トレがどういうものかというと、「1日の中で」時間を作って意図的に筋肉を作る活動」です。

そのため、そこで作られる筋肉は生活の中でなくても困らないものといえます。
なので体はその不要な筋肉に使われているたんぱく質を分解して、生きるために必要な別の部分に当てようとしてしまうのです。

HMBにはそれを防止する効果があると言われています。

そして、筋トレを続けていくと、だんだん筋肉が作られていくので、そうなると分解されにくくなると言われています。
筋トレを日常的に行うことで、筋トレで作られた筋肉を日常生活の中で自然に作られた筋肉と体が認識するものからと思われます。

分解されてばかりだと効率が悪いので、効率よく筋肉を付けていきたいのならばHMBは筋トレしない日にも飲むのが好ましい飲み方と言えるでしょう。

では飲むタイミングはどうするか?

先ほども挙げたように筋トレしない日は主に筋肉の分解を阻止するために飲むことが必要になります。

そう考えるとHMBの血中濃度を常に高く保っておきたいので1日に複数回に分けて小分けにすることがおすすめと言えます。
その中でも筋トレしない日の飲み方としておすすめと言われているのが食後や食間と言われています。

ちなみに食後とは一般的には食後30分以内の時間帯を差します。
そして、食間とは食後2時間くらいの時間帯を言います。

これらの時間帯の方がHMBを効率よく体が吸収できる可能性が高いので、HMBサプリは飲むタイミングにも注意しながら使用すると良いでしょう。

© 2017 HMBアルティメイト rss